子育て情報『アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?』

アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?

2018年3月5日 11:55
 


私、アスペルガー。予定外のことが大の苦手!

関連リンク

・AIに負けない注目の英才教育!?R.E.Aを知っていますか?
・【Eテレにまつわるエピソードあるあるイラスト】「続・なりきり☆おかあさんといっしょ」 by あま田こにーさん
・【不安にならないで】わが子が発達障害かもしれないと感じたら読みたい記事14選
アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144027202

「晩ごはんの最中に、大きなしゃもじを持ったあの落語家さんが来たらどうしよう?」
「あのタレントさんが洗剤を持って玄関先に立っていたらどうしよう?」

あなたはそんなことを考えたことがあるだろうか?

ご存知ない方に説明すると、前者は民家を訪れ、その日の晩ごはんのメニューを紹介してもらうという、昔のワイドショーのワンコーナー。後者は主婦の方に台所用洗剤の使い心地を試してもらうというものだ。いずれも「アポイントなしで突撃する」という体を取っている。

で、私ならどうするか。

のんびり晩ごはんを楽しんでいるとき、もしくはその直後に面識のない落語家さんがいらしたら、失礼ながらびっくりして警察に通報してしまうかもしれない。大好きなタレントさんですら、丁重にお断りしてしまう気がする。

もし、同様の企画で訪れたのが、私が“推し”と称してはばからない大ファンの俳優さんであったとしても、その場で少し考え込んでしまうと思う。「わーい!○○さんだ!」じゃないんだよ、私なのに!

ちなみに、どれだけ”推し”が好きかは、前回のコラムを見ていただければわかると思う。

ASD(自閉症スペクトラム)ないしアスペルガーの特性を持っている方ならご共感いただけるだろうか。私は急なスケジュールの変更など、予定外のことが大の苦手。特に一番強いストレスを感じるのが、突然の来客だ。


フリーライターはイレギュラーの連続。そこで私が取った対策とは!?

アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30701000169

以前は突然の誘いも苦手だった。それが楽しそうなことだとしても、だ。とにかく予定外、予想外のことに心をかき乱されてしまう。

しかしフリーランスのライターなど、イレギュラーの連続だ。ピンチヒッターとしての仕事の打診や急な加筆の依頼、スケジュールの変更などなど。それら全てに「対応できません」と返事をしていたら食っていけない。

幸い、仕事でお付き合いしている方々は、私の特性をご存知なので、想像し得る変更点について、前もって説明をしてくれる。もちろんそれ以外の変更だって起こらないとは限らない。そのため自分でも「何か変更が起こるかもしれない」と心構えをするようになった。そのようなことを繰り返しているうちに、私は「仕事に関してはある程度臨機応変に動ける人間」に擬態できるようになった。

友人たちにも、私が急な予定変更が苦手であることは伝えてある。が、仕事上で「何か変更が起こるかもしれない」と心構えをすることが日常化したため、急な誘いに関しては、時間や体調の都合がつけば、喜んで出かけることも可能になった。

それでもどうしても慣れないことがあるため、以下のようにきっちり伝えてある。「突然の訪問だけは嫌な顔をしてしまうかもしれない。せめて“近くにいるよ”って、事前に一報が欲しいな」。

みんな私の難しい質を理解しようと努めてくれているため、両親ですら、息子と私が暮らすアパートを突然訪れることがない。私は心穏やかに日々を過ごしていた。ところが…。


「突然の訪問はNG!」と、徹底周知しておいたはずが…

アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144088232

その日突然現れたのは、この集合住宅の工事担当作業員だと名乗る人だった。

「室内アンテナの工事があるので、お部屋に入らせてください」

工事の業者さんから、事前の告知や日程調整の打診はなかった。私は、自分の顔が強ばるのを感じた。

「お知らせをいただいていませんよね…?」
「管理人さん経由でチラシが配られたはずなのですが…」

確かにチラシは入っていた。しかしそれは「何月何日から、この棟全体に工事が入る。各部屋にも入ることがあるかもしれない」という内容のみ。我が家にいつ入るという連絡ではない。

「今日が無理だとしたら、いつごろいらっしゃいますか?」
「あの…鈴木さんのお宅の工事が終わらないと、他のお宅の工事ができないんですよ」

ぐぬぬ。(勝手な言い分だなぁ)だとか(今日私が留守だったらどうするつもりだったのだろう)と思いつつ、作業員さんにお上がりいただいた。私同様にASDを持ち、急な来客が苦手な息子は、携帯ゲーム機を片手に、猫のごとく押し入れに籠ってしまった。念のためその場に立ち会わなくてはならない私は、押し入れに同行することはできない。頓服用の安定剤を飲み、部屋の隅で絵を描きながら、ざわつく気持ちを抑えていた。


「次の予定は知らせてほしい」と願う私に、業者さんは…

アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?の画像

Upload By 鈴木希望

1時間少々で工事は一旦終了したのだが、作業員さん曰く、古い室内アンテナの撤去工事が後日必要だと。

「次回はいつごろいらっしゃいますか?」
「うーん、他のお部屋の作業の進み具合もありますので、何とも言えませんねぇ」
「何日辺りだとか、午前だとか午後だとか、ざっくり教えていただけないでしょうか?いない日もありますし、前日にでもお電話いただけると助かるので…」
「いやー、それもできかねますねぇ。で、鈴木さん、必ずいらっしゃるのは何時ごろですか?」

それがまちまちだから事前連絡を頼んでるんだろうが!!!!!ーと叫びたい気持ちを抑えつつ「それもまちまちなので、断言しかねますねぇ」と、図らずも作業員さんのような口ぶりで、私は返答した。先方は困っていらしたが…。

こうなってくると、私の特性云々関係ないような気もするが、苦手なものは苦手だし、困るものは困る。私がいないときに訪問したら、先方だって困るはずだ。

推測でしかないが、日程の詳細や事前連絡ができないのは、会社もしくはそのチームのやり方であるか、担当さんの一存で決めたり断言不可の件で、しかも伺いを立てる相手がその場にいなかったのかもしれない。だとしたら、作業員さんと私がああだこうだと問答を続けるのは建設的ではない。何となく話がうやむやになったまま、とりあえず挨拶をしてお帰りいただいた。

翌日私は、私が暮らす集合住宅の管理会社に連絡を入れ、「在宅時間がまちまちであるため、事前の連絡が欲しいとの旨、工事業者さんに伝えていただきたい」とお願いをした。

「今後こうした工事や点検が入る場合、鈴木さんには事前連絡を徹底した方がいいですか?」と、担当の方が気を利かせて質問してくださったので、そのようにお願いした。工事業者さんには、おそらくもう伝わっているだろう。


ひとりで交渉しきれないときは、第三者の助けを借りる

アスペルガーの私は「突撃訪問」が超苦手!そんなわが家に突然の来客が!?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161014764

イレギュラーなことへの対応は、周知の徹底と心の準備でこれまでどうにか乗り切ってきた私だった。しかしそんなことは無関係に発生するイレギュラー中のイレギュラーもあるのだと、今回の件で学んだ。そりゃそうだ、向こうは私のことなんて知ったこっちゃいないのだから。

幸い、今回は住宅管理会社さんという、間に入ってくれる第三者がいてくれたから助かった。今後もまた、自分ひとりで対応しきれないことが起こったら、間に入ってくれる誰かを探すつもりだ。

これは何も発達障害の特性に絡んだトラブルに限った話ではない。人間ひとりでなんとかできることなんて、実はさほどないのだから。

業者さんからの連絡はまだ届いていない。電話が鳴ることを願ってやまないが、もし次回の担当さんが、私のようなうっかりADD風味の方だったら…?うん、ない話ではない。

連絡があることを信じながら、工事終了予定日まで「うっかりADD風味の作業員さん」がいらっしゃるかもしれないと覚悟をしておくとしよう。そして本当にそうなったら、またヤギさんの絵でも描いてやり過ごそう。ストレスがないわけではないが、なあに、スズキはやればできる子さ、ずっと続くことではなしに。がんばれ私、乗り切れ私。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.