子育て情報『発達障害の娘の成人式――着慣れない振袖姿を見送って。母の心配をよそに、いじめを受けた中学時代の同窓会にも参加した娘は...準備は早めが肝心なワケも』

2020年7月10日 08:00

発達障害の娘の成人式――着慣れない振袖姿を見送って。母の心配をよそに、いじめを受けた中学時代の同窓会にも参加した娘は...準備は早めが肝心なワケも


女子の成人式の準備は2年前から始まる!?

晴れ着のDM(ダイレクトメール)が届くようになったのは成人式の2年ほど前からでした。

DMには振袖のレンタル、販売のほかに
“ヘアメイクと着付けのセット”
“ドレスや袴も着れる前撮り付き”
“式前日、会場の近くのホテル宿泊プラン”
“卒業式の袴レンタル割引”
“浴衣と髪飾りプレゼント”
など色々なプランや特典が記載されていました。

娘は私が成人式で着た振袖を着ることを希望していたので、着物の購入やレンタルの予定はありませんでした。
私達はチラシを「へぇー、今はこんな感じの振袖やヘアスタイルが流行りなんだねー」と軽い感じで流し読みしていました。

その後DMの数は徐々に増していき、成人式の1年前になるとDMが届かない日は無い、というほどになりました。
その頃にはチラシに目を通すこともなくなり、毎回ビニールの封筒→プラごみ、チラシ→紙ごみに分ける作業を機械的に行っていました。

セールスの電話も頻繁にかかってきました。(個人情報ダダ漏れ)


やはり信頼できるのは先輩ママの口コミ

我が家は成人式の1年前に、近所の先輩ママに聞いたおすすめの美容院に着付けとへアメイクの予約をしました。
「1年前ならまだ好きな時間を選べるけど、ギリギリになってからの予約だと早い時間(午前4時とか)しか選べなくなってしまう」という情報はとても役に立ちました。

私達の地域の成人式は数万人規模のイベントホールで行われます。(住んでいる場所で午前と午後に分かれる)開始時間は入場券が届くまで分からないのですが、娘は午前の部を想定して予約をしました。


初めての本格的な着付けに気分が悪くなった娘

成人式当日はバタバタするだろうと思い、写真は成人式の半年前に撮ることにしました。

撮影当日、予約をした美容院でヘアメイクと着付けを済ませた後、近くの写真館に移動しました。

馴染みの写真館だったにもかかわらずなかなか笑顔になれなかった娘。徐々に顔色が悪くなり、終いには「気分が悪い」と言い出しました。

撮影を早々に切り上げ帰宅してすぐに着物を脱いだ娘。よくよく話を聞くと、「本格的な着付けは初めてだから着崩れないようにきつめに着せてもらった」のだそうです。普段着に着替えるとすぐに落ち着き、写真撮影の様子を見に来ていた祖父母と食事に出かけるほど元気になりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.