子育て情報『ダメって断れない!? 「一口ちょうだい」と言われたときの対処法4選』

2017年7月1日 19:18

ダメって断れない!? 「一口ちょうだい」と言われたときの対処法4選

ダメって断れない!? 「一口ちょうだい」と言われたときの対処法4選

「一口ちょうだい」という言葉、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。もしかしたら、「私もよく言ってるよ」という方もいるかもしれませんね。

でも、親しい間柄なら「一口ちょうだい」と言うのは当たり前のことだと思っている方は、ちょっと注意が必要です。

世の中には、この「一口ちょうだい」が苦手な人も少なくありません。

特に潔癖症というわけではありませんが、私も実はこれが苦手。家族でも友達でも、食べ物や飲み物を食事の途中でシェアすることに抵抗を感じます。

けれど、友達から「一口ちょうだい」と言われて、「嫌だ」「ダメ」と拒否したことは一度もありません。

拒否すれば少なからず相手に不快な思いをさせてしまうだろうと思うのと、「なんで?」と聞かれるのが困るからです。

今回はこの厄介な「一口ちょうだい」問題について、あげたくないときの対処法をインタビューしてきました。

●(1)「○○がうつるから」と断る

『「私、今すごい虫歯でさ〜。虫歯菌ってうつるらしいから、ごめんね 」と言って断ります。ケーキとか甘いものを食べていたとしても、「虫歯でも甘いもの我慢できないんだよね」って笑いながら言いますね。そうすることで、「一口ちょうだい」の感染症リスクをわかってもらえるんじゃないかなと思います』(30代女性/会社員)

『「一口ちょうだい」が口癖の友達と食事するときは、あらかじめ咳をする演技をしておきます。で、ちょうだいと言われたときには「風邪がうつるからやめたほうがいいよ 」と言います。それでも「平気平気!」と言って取って行く人もいるんですがね……』(40代女性/主婦)

普通はうつされたら困ると思って遠慮するものですし、なんとなく相手が嫌がっている雰囲気も伝わるので、この対処法は有効かもしれません。

とはいえ、「平気」と言う人もいるそうなので、やはり万人に有効とは言えなそうです。

●(2)自分のものはあげた上で、相手のものには一切手をつけない

『私はどうしても断る勇気がないので、嫌ですが、ちょうだいと言われたらあげてしまいます。でも、相手の「私のも一口いいよ」とか「これも食べて」とか言う言葉にはすべて「大丈夫」と断っています。そしたら友達は自分だけがいつも人のものを食べてる ってことに気付いて、申し訳ない気持ちになって自重するようになるんじゃないかなって』(20代女性/会社員)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.