子育て情報『世間からナメられない!? 既婚者が“嫌婚派”に教える結婚のメリット5つ』

2016年11月9日 18:00

世間からナメられない!? 既婚者が“嫌婚派”に教える結婚のメリット5つ

世間からナメられない!? 既婚者が“嫌婚派”に教える結婚のメリット5つ

【女性からのご相談】
独身の妹(20代後半)は、どうやら嫌婚派です。これまで何人かとお付き合いをしたようですが、どれも結婚に結びつきませんでした。実家の両親も心配していて、私も「結婚しないの?」と聞いたのですが、「メリットを感じない。結婚はコスパが悪い」と言われてしまいました。

なんとか妹に、「結婚はいいことなんだ、結婚したい!」と思えるようになって欲しいのですが、どんなアドバイスを送るべきでしょうか?

●A. まずは“愛”抜きでメリットを教えてあげましょう

ご相談ありがとうございます。木村華子です。

嫌婚派とは、読んで字のごとく結婚に積極的ではない人たちを指しています。

週刊誌AERA(朝日新聞出版)と社会学者の水無田気流さんが行った共同調査によると、家庭を運営する能力があるにもかかわらず「結婚したくない」と考える嫌婚派の数は近年増加している とのこと……。相談者様の妹さんも、そのうちの一人のようですね。

全てのケースがそうだと言い切れないのが悔しいところですが、ほとんどの既婚者は結婚が素晴らしいものであると感じた経験を持っているのではないでしょうか。

それこそが、きっと未婚者の知らない結婚のメリットであるはず……なのですが、その内容がイマイチ伝わっていないからこそ、嫌婚派の増加という現実があるのでしょう。

今回は、嫌婚派の方へ贈る既婚者からのアドバイスについて考えてみました。

●“愛”とか言われても……

嫌婚派とされる彼らの主張は、以下のような声がメジャーどころです。

・「結婚はコスパが悪い(子育てや生活費などで独り身以上にお金が必要)」
・「結婚すると権利が半分になり、義務が2倍になる」
・「日本の離婚率は30%だから、結婚するとそのリスクを負うことになる」
・「趣味や生きがいにかける時間やお金が少なくなる」

などなど……。

そんな嫌婚派の意見を聞いて、既婚者の方はどう反論するでしょうか。

・「イヤ、結婚ってそんな打算的にするものじゃないよ!」
・「赤の他人と共同生活になれば不満もあるだろうけど、結婚には愛があるから!」
・「大好きな人と暮らすんだから、頑張れるんだよ!」

いかがでしょう?合理的な嫌婚派の声に対して、既婚者の主張はなんとなく“弱い”印象を受けませんか?
結婚を恋愛のゴールだと位置付けるなら、そのメリットには愛情が深く関わっていることは否めません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.