子育て情報『一番面白かった“晩婚がテーマの2016年ドラマ”ランキング』

2016年12月6日 20:00

一番面白かった“晩婚がテーマの2016年ドラマ”ランキング

一番面白かった“晩婚がテーマの2016年ドラマ”ランキング

日本では晩婚化が進んでいて30歳前後で初婚を迎えるのが当たり前になりつつありますね。

皆さんの周りにも30歳を超えて独身の知り合いが少なからずいるのではないでしょうか。

そんな日本の現状と照らし合わせてか、最近は“晩婚”をテーマにしたドラマが多く放送されていますね。2016年にはなんと7本も“晩婚”に関連づいたドラマが作られています。

中には社会現象を引き起こすほどの名作も生まれていますが、あなたはどのドラマに一番夢中になりましたか?

ということで、今回はパピマミ読者の皆さんに『晩婚をテーマにした2016年のドラマ』で一番好きなものについて聞いてきました!

●晩婚をテーマにした2016年のドラマで一番面白かったものはどれですか?

・1位:逃げるは恥だが役に立つ……56%(121人)
・2位:私 結婚できないんじゃなくて、しないんです……19%(41人)
・3位:ダメな私に恋してください……11%(24人)
・4位:世界一難しい恋……7%(15人)
・5位:家族ノカタチ……3%(7人)
・6位:お義父さんと呼ばせて……3%(6人)
・7位:早子先生、結婚するって本当ですか?……0%(1人)

※有効回答者数:215人/集計期間:2016年12月1日〜2016年12月2日

●1位:逃げるは恥だが役に立つ

『みくりと平匡さんのムズキュンな恋愛がたまりません!早く結ばれてしまえ!と思うけど結ばれたらドラマ終わっちゃうというジレンマに苛まれてます』(39歳女性/主婦)

『このドラマの“契約結婚”という新しい結婚の形は斬新で面白いと思う。僕もこんな可愛い子と契約できたら……と日々妄想しています』(37歳男性/広告)

圧倒的第1位に輝いたのは、『逃げるは恥だが役に立つ』で56%(121人)という結果になりました。

あまり一般的に知られていなかった“契約結婚 ”をテーマにしたドラマですが、その斬新なテーマと主演の星野源さんと新垣結衣さんの魅力、エンディングで流れる“恋ダンス”などで人気に火がついて一躍2016年を代表するドラマとなりました。

物語は派遣切りに遭って求職中の主人公の森山みくり(新垣結衣)が“家事全般を請け負う”という条件のもと津崎平匡(星野源)と契約結婚をするところから始まります。二人はそれぞれ今の日本が抱える問題を反映させたような人物像になっており、森山みくりは“就職難”や“派遣切り”。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.