くらし情報『親の介護にかかる費用総額はいくら? 仕事を辞めないで介護はできるのか?』

2018年12月27日 20:30

親の介護にかかる費用総額はいくら? 仕事を辞めないで介護はできるのか?

目次

・親の介護は誰がすべきなのか
・介護の方法は3種類
・親の在宅介護にかかる費用
・介護で保険や国・自治体の補助は受けられる?
・介護にかかる費用は誰が負担すべき?
・ダブル介護では仕事を辞めるしか無いのか
・親の介護と仕事の両立は可能か
・親の介護が始まる前に知っておきたい5つのこと
親の介護にかかる費用総額はいくら? 仕事を辞めないで介護はできるのか?

在宅介護をしている介護者にどのような負担があるか質問すると、精神的負担、時間的負担を課題にあげる人が多くいます。介護する相手が気心知れた実の親であっても介護者への負担は大きく、介護のためにやむなく退職する人もたくさんいます。しかし親の介護をする歳になって仕事を辞めると再就職が難しく、自分の生活も苦しくなってしまうかもしまいます。介護と仕事を両立させたいなら、介護にまつわる出費・サービスとともに保険制度や補助金についてしっかり知識をつけておきましょう。

親の介護は誰がすべきなのか

親の介護にかかる費用総額はいくら? 仕事を辞めないで介護はできるのか?


大家族が当たり前だった時代、親の介護は同居している家族(長男の嫁など)の役目と考えられていました。しかし核家族化や女性の社会進出、そして価値観の多様化が進んだ現代では、親の介護を誰がどのようにするか悩む人が少なくありません。

「以前、下半身が麻痺した母と、急激にぼけてしまった祖母とを介護しました。(中略)昼夜逆転した祖母のために睡眠はとれず、結婚した兄が一人いましたが、離れたところに住んでいたために誰も助けてくれませんでした」

NHKオンライン「サイトに寄せられた意見」)

「介護サービス事業所は毎日使えないので、家で介護しなければならず、就職が難しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.