子育て情報『全体練習は朝だけなのに2020年度はプロ12人輩出! "常勝・明治"が追求する、徹底的な個の強さとは?』

2021年6月10日 17:32

全体練習は朝だけなのに2020年度はプロ12人輩出! "常勝・明治"が追求する、徹底的な個の強さとは?

関東大学サッカーリーグで2連覇中の明治大学サッカー部。2020年度の卒業生は12人がプロになり、多くのJクラブで活躍中です。2019年度には大学5冠を達成するなど、輝かしい成績を残す"常勝・明治"。チームを率いる栗田大輔監督のモットーとは?

発売中の栗田監督の著書「明治発 世界へ! 明治大学サッカー部監督・栗田大輔の結果を出し続ける、組織マネジメント論」(竹書房)から一部を抜粋し、紹介します。
(構成・文:鈴木智之)

目次

・強い個人がクリエイティブにプレーする
・守備の強度が低い中でトレーニングをしても、試合で活きる技術は身につかない
・プライドや過去の成長にしがみつくと、成長が止まりかねない
・先輩たちから学ぶことができる
・才能×努力×考え方
・練習は朝だけ自分の時間をどうコーディネートするかでその後の人生が変わる
・自ら人生を切り開け


全体練習は朝だけなのに2020年度はプロ12人輩出! "常勝・明治"が追求する、徹底的な個の強さとは?

関東大学サッカーリーグで2連覇中、常勝・明治が追及する「個の強さ」とは(C)鈴木智之

■強い個人がクリエイティブにプレーする

明治大学サッカー部には、前任の神川明彦さんが作った「三原則(球際、切り替え、運動量)」という言葉があります。それをベースに、私は選手たちに「強い個人がクリエイティブにプレーすること」を求めています。

なかでも大事にしているのは「徹底的な個の強さ」です。それをサッカー面と人間性の両方で追求しています。

大学は最後の育成の段階です。そこですべきはエンジンを大きくすること。車にたとえるなら、カローラよりもポルシェの方がスピードが出ます。なぜならポルシェの方が、エンジンが大きいからです。

サッカー選手としてのエンジンが大きければ、どのようなサッカーにも適応することができます。プロに進めば、様々な監督がいて、多様なスタイルがあります。ひとつのクラブでも監督が変われば戦術が変わり、求められるプレースタイルも変化していきます。

そうなったときでも、すぐに適応できる選手になってほしい。明日、ヨーロッパのクラブからオファーが来たとしても、何食わぬ顔でプレーできるようになってほしい。その観点で日々のトレーニングを考えるとともに、選手の指導にあたっています。

■守備の強度が低い中でトレーニングをしても、試合で活きる技術は身につかない

ベースとして必要になるのは、ハイプレッシャーのもとでの認知と判断に基づく技術の発揮。そして、攻守に高い強度でプレーし続けることのできる運動量。この2つは徹底して鍛えます。

守備の強度が低い中でトレーニングをしても、試合で活きる技術は身につきません。それを実行するためのハードワークは、どのポジションの選手にも求めます。選手に対する要求は高いです。明治が求める基準、スタイルに適応するために、自分は何をすべきか。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.