くらし情報『伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中』

2019年7月22日 00:00

伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

と山路さんが話すのは寝室の1層上につくられた多目的のスペースだ。「ふつうは水回りは水回りで固めるとつくりやすいんですが、シーンで考えていくと、お風呂をあがった後に顔を洗わないし、服を着替える近くに洗面所があったほうが自然じゃないかという話からあの場所にできたんです」

Kさんは「帰ってきて、あそこで服を脱いでお風呂に入って着替えて寝るという流れを考えたのと、あの部屋はぐちゃぐちゃしていていいという考えだったので、あそこにものをたくさん置いて、ほかのスペースをすっきりさせようという考えもありました」
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

階段の踊り場に置かれた古い机とテーブルがチャーミングな雰囲気をつくり出している。
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

1階の柱にかけられたマーク・ロスコのレプリカ。
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

1階の壁際に置かれた家具や緑などもチャーミングな場所をつくり出している。背景のシナ合板の色合いとの相性もいい。
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

お風呂だろ、この家は」というKさんのお父様の“鶴の一声”でお風呂を最上階のペントハウスにつくることが決まったという。お風呂だけのシンプルなつくりが気持ちの良さをさらに増幅する。
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

大開口からの眺望がすばらしい。近くの住宅とはレベル差があるためプライバシー的にも大きな問題はないという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.