くらし情報『広い敷地につくった2世帯住宅 階段室を中心にいろんな居場所のある家』

2020年10月5日 00:00

広い敷地につくった2世帯住宅 階段室を中心にいろんな居場所のある家

ぐるぐると回れる家があこがれ

300㎡と広い敷地に立つ安達邸。もともとは奥さんの千紘さんの実家が立っていたこの土地で千紘さんのお父さんとの2世帯住宅を建てることになったのが4年前だった。

家づくりに際し夫妻の間には「人が集まれる家」「古くなっていくのが面白い家」「かくれんぼができる家」などのイメージがあったという。設計を担当した建築家の岸本さんには、それらに加えて「子ども部屋を閉じた空間にしたくない」「敷地を生かした家にしたい」などの希望も伝えた。

「トトロに出てくるサツキとメイの家みたいにぐるぐると回れる家があこがれだった」とも話す千紘さん。安達邸は階段を中心にしてぐるりとめぐるつくりになっている。トップライトから光の落ちるこの階段室の1階部分には階段を囲むようにお父さんの部屋と浴室などの水回り、そしてお父さんからのリクエストだった書庫がつくられている。そしてこの書庫は階段室の1階部分の壁ともなっている。

目次

・ぐるぐると回れる家があこがれ
・書庫と子ども部屋
・キッチンと「こもり部屋」
・居場所がいろいろある



広い敷地につくった2世帯住宅 階段室を中心にいろんな居場所のある家

2階から見る。3階に開けられた小窓を通して階段室の様子をうかがうことができる。
広い敷地につくった2世帯住宅 階段室を中心にいろんな居場所のある家

階段室の1階部分の2つの壁が本棚になっている。

書庫と子ども部屋

「父からは最初にとにかく書庫をつくってほしいと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.