くらし情報『“ラノベ女優”栗山千明 おすすめは“萌え”×ミステリー』

2015年5月12日 08:01

“ラノベ女優”栗山千明 おすすめは“萌え”×ミステリー

『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』西尾維新(著)、take(イラスト)講談社文庫781円

『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』西尾維新(著)、take(イラスト)講談社文庫781円

エンタメ要素が強く、挿絵も多いことから、読みやすい本として根強い人気を誇るライトノベル。読んだことのない人は、まずは詳しい人のオススメ本から入ってみては。ラノベマスターのひとり、女優の栗山千明さんに話をききました。 読書家として知られる栗山さんですが、ここ数年はラノベに夢中。好きが高じ、『このライトノベルがすごい!』大賞の第1回から選考に関わっている。 「私にとっての魅力は、ライト=気軽に読めるところ。また挿絵によって、キャラクターが想像しやすいのも長所だと思う。物語の世界観が強く、読んでいるとトリップしているような感覚になれるところが好き。ライトノベルはアニメ化される作品も多く、注目のジャンル。新作がどんどん出るところもいいですね」 では、ラノベ初心者におすすめの“ジャンル”を3つ教えてください! 「学園生活など、日常が舞台になっている“日常系”と呼ばれるもの。活字ならではの言葉遊びや、セリフのやり取りが面白いです。それと、戦いを描いた“バトル系”。設定がちょっと突拍子もないこともありますが、だからこそ、想像力がかき立てられて、読んでいてワクワクします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.