くらし情報『玉城ティナ大絶賛のSFコミック『果てカノ』 その魅力とは?』

2017年8月7日 12:00

玉城ティナ大絶賛のSFコミック『果てカノ』 その魅力とは?

作家の中村文則さんや映画監督の山戸結希さんが絶賛し、いま注目されているSFコミック(通称・果てカノ)。愛される理由を探るべく、ファンを公言しているモデル・玉城ティナさんを直撃。

愛読者である玉城ティナが心惹かれる理由を語ります。
玉城ティナ大絶賛のSFコミック『果てカノ』 その魅力とは?


『あげくの果てのカノン』を知ったのは、ツイッターだったと言う玉城ティナさん。

「タイトルや絵のタッチが好きで読んでみたらSF要素があり驚きました。謎のエイリアン“ゼリー”がいる世界の話ですが、その描写はさりげなく、“こういう未来もあるだろうな”と思えるもの。むしろ、そこで生きる人たちが能動的に恋愛をする姿が、際立った作品だと感じます。作者の方が、わざとそう描いているのかと思いました。ちなみに、ゼリーは、現代人が抱える不安の塊を象徴したものかな、と考えていますが、どうでしょう?」
玉城ティナ大絶賛のSFコミック『果てカノ』 その魅力とは?


主人公のかのんと、かのんが憧れる境先輩、そして、先輩の妻の3人の関係にも興味津々。

「かのんのように、好きな相手を神格化してしまうというのは、中高生の頃に誰もが経験していることだと思うんですね。でも、それを23歳になった今でも一途に思い続けるというのは、先輩が本当は神ではないことに、わざと気付かないようにしているのかなって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.