くらし情報『変わり果てた兄の記録…両親と精神科へ。告げられたのは…。 #8』

2018年3月27日 20:30

変わり果てた兄の記録…両親と精神科へ。告げられたのは…。 #8

文・心音(ここね)

【兄は障害者】vol. 8

気づけば3年間も引きこもりだった

目次

・気づけば3年間も引きこもりだった
・理解不能な “兄の世界”
・近所の精神科へ
・検査入院の結果は……。
変わり果てた兄の記録…両親と精神科へ。告げられたのは…。 #8


母が仕事をやめて、兄をいろいろなところに連れて行くようになってから、3年が経とうとしていました。外出といっても頻繁にあるわけではなく、兄はほとんどの時間を自室に閉じこもって過ごしていました。高校退学後、数か月の間は友人が家に来ては「僕にできることはありませんか?」「大丈夫ですか?」と声をかけてくれていましたが、「ごめんなさいね、あまり人に会いたがらないんですよ」と、母が友人たちに言うごとに、ひとり、またひとりと心配する声も少なくなっていきました。3年間も家のなかで過ごしていた兄は、こうして人間関係と社会から孤立していきました。

理解不能な “兄の世界”

変わり果てた兄の記録…両親と精神科へ。告げられたのは…。 #8


「気分転換」「思い出づくり」と懸命にしていた、兄を外に連れ出す母の行動は、道行く人からの冷たい視線を受けて恥ずかしい思いをするだけでした。また “あの頃の人気者だったお兄ちゃんに戻るよね” という願いは届かず、次第に兄は大声を出したり、突然笑い出したりするようになり……。しまいには、「ねえ、今日ご飯食べたっけ?」と自分がとった食事のことも、忘れていくようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.