くらし情報『変わり果てた兄の記録…精神科医の言葉に絶句した母は…|#10』

変わり果てた兄の記録…精神科医の言葉に絶句した母は…|#10

2018年4月5日 18:00
 

“私の兄は、障害者”。見て見ぬ振りして、直視できない現実を避けるように生きてきた、妹目線の連載です。
大量の薬に不信感を抱いた母は医師に相談すると、思いがけない辛い言葉が返ってきました。
文・心音(ここね)

【兄は障害者】vol. 10

母は精神的な病気について勉強する日々

目次

・母は精神的な病気について勉強する日々
・頭が真っ白になった言葉
・費用を考えると入院は高額だった
・精神科に通いだして、はや4年
変わり果てた兄の記録…精神科医の言葉に絶句した母は…|#10


自宅で療養していても、兄は一向に良くならず、費用はかかるけれど、定期的な検査入院を繰り返していました。嘔吐がどうしてもひどい薬についてお医者さんに相談したり、大量に飲む水の対策を考えたり。検査入院をすると、兄の行動を医師が観察することができるので、良い方法だと考えたからです。

そして母は、病院や薬、医師だけに頼ることなく、精神的な病気に関して自ら調べるようになっていきました。同じような境遇にいる家族が出している書籍を読んだり、セミナーに参加したり。全く知識がないところから、心の病気がどのように作られるのか、自律神経とは何か、薬の飲み方は本当に正しいのか。気づけばいろいろな精神障害について詳しくなっていきました。

頭が真っ白になった言葉

変わり果てた兄の記録…精神科医の言葉に絶句した母は…|#10


しかし、改善が見られない兄を心配して、診察の時に「どのくらい薬を飲み続けたら治るのでしょうか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.