くらし情報『なんかドキドキ…新生活の不安な心が前向きになれるお話』

なんかドキドキ…新生活の不安な心が前向きになれるお話

2018年4月5日 20:00
 

この春の話題作『ワンダーストラック』!

目次

・この春の話題作『ワンダーストラック』!
・ハリウッドの名匠トッド・ヘインズ監督!
・監督にとっては初めて子どもを主人公に迎えた作品となりましたが、意識したことは?
・本作ではニューヨークが舞台の中心となりましたが、監督自身にも思い出があれば教えてください。
・では、そういうところも作品には反映させていましたか?
・彼女だけは実際に聴覚障害を持っているようですが、キャスティングした決め手は何でしたか?
・ということは、すぐに彼女で決定したのですか?
・撮影中の子どもたちの様子はいかがでしたか?
・その体験が作品を作るうえで活かされたところはどんなところですか?
・劇中ではオスカー・ワイルドの名言が壁に貼ってありますが、監督にとって大事な言葉があれば教えてください。
・迷える大人たちにこそ広がる感動!
・心に響く予告編はこちら!
・作品情報
なんかドキドキ…新生活の不安な心が前向きになれるお話


【映画、ときどき私】 vol. 152

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らすこととなった少年ベン。父親とは一度も会ったことはなく、しかも母は名前すら教えてくれなかった。ところがある夜、母の遺品から父親の手がかりとなるものを発見。落雷事故によってベンは耳が聞こえなくなってしまうものの、父を探すためにひとりでニューヨークへと向かうことに。
なんかドキドキ…新生活の不安な心が前向きになれるお話


1927年、ニュージャージー。生まれつき耳の聞こえない少女ローズ。母親はおらず、厳しい父親によって育てられていた。そしてある日、ローズは心の支えでもある憧れの女優リリアンがニューヨークの舞台に出演すると知り、ひとりでニューヨークへと旅立つのだった。新たな一歩を踏み出したベンとローズを結ぶ謎の絆とは……?

そこで今回は本作の監督を務め、「新境地にして最高傑作」といわれるほどの注目を集めているこちらの方にお話を聞いてきました。それは……。

ハリウッドの名匠トッド・ヘインズ監督!

なんかドキドキ…新生活の不安な心が前向きになれるお話


『アイム・ノット・ゼア』や『キャロル』など、これまでも国際的に高い評価を得ているヘインズ監督。約20年ぶりとなる来日で、この作品の撮影秘話や自らの思いを語ってもらいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.