くらし情報『“グラミー賞”エンジニアとコラボ! GLIM SPANKYの新作が気持ちいい』

2018年12月4日 18:30

“グラミー賞”エンジニアとコラボ! GLIM SPANKYの新作が気持ちいい

ボーカル松尾レミさんのハスキーな声やオーセンティックなロックサウンドに、一瞬で心を刺される人が急増中のGLIM SPANKY。待望のニューアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』が完成した。しかも憧れていたLAでのレコーディングも実現。そもそも二人をアメリカへと向かわせたのはCDジャケットを撮影した「サルベーションマウンテン」という場所。
“グラミー賞”エンジニアとコラボ! GLIM SPANKYの新作が気持ちいい


「私の好きな古着屋やビンテージショップのサイトなどによく登場するヒッピー的な場所で、ずっと気になっていました。LAから灼熱の砂漠を4時間ぐらい走り、突然このカラフルな場所が出現するんです。厳しい環境の先にあるオアシス。人工的なものだけど、魂の叫びをすごく感じました。その気持ちをメッセージとして音楽にも込めたいという思いが高まり、LAでレコーディングしようと決めました」(松尾)

アルバムタイトル通り《MAGIC》に出会った二人。すぐに、THE BLACK KEYSのアルバムで「グラミー賞最優秀ロックアルバム賞」を受賞したエンジニア、ケニー・タカハシにオファーし、レコーディングにはジャック・ホワイトのサポートドラマーなどが参加した。

「レコーディングは豪快でしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.