くらし情報『あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!』

2019年1月12日 18:30

あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!

着物の模様には、動物などのかわいいモチーフがいっぱい。よく見ると、ちょっと驚くようなおかしなモノがモチーフになっていることもあるそう。個性的でかわいいデザインが味わえます。

これらの絵を見て理屈抜きで楽しめたとき、私たちは江戸時代の人たちと同じ感覚を共有できるのかも。気楽な心持ちで江戸気分を楽しんで。
歌川広重「東海道五十三対 二川」
あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!


『東海道中膝栗毛』で弥次さん喜多さんが干した襦袢を幽霊と見間違えた有名な場面。でも実はこれ、二川ではなく浜松でのエピソード。そこも含めておかしい。
歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」
あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!


鷲神社の酉の市に行き交う人々の様子を、猫が覗いている。遊女のかんざしが見えることから、吉原からの風景だとされている。
歌川国芳「ほふづきづくし 八そふとび」
あれ? “おかしな人”描く「浮世絵」で江戸気分を楽しむ!


擬人化されたほおずきが生き生きと躍動。国芳はこのモチーフで、多数の作品を残している。太田記念美術館東京都渋谷区神宮前1‐10‐10開催中~1月27日(日)10:30~17:30(入館は17:00まで)1月15・21日休一般700円ほかTEL:03・5777・8600(ハローダイヤル)

※『anan』2019年1月16日号より。

(by anan編集部)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.