くらし情報『トークもパフォーマンスも最高に楽しい! SEVENTEEN日本ツアーレポート 【K-POPの沼探検】#98』

2019年4月28日 17:30

トークもパフォーマンスも最高に楽しい! SEVENTEEN日本ツアーレポート 【K-POPの沼探検】#98

日本デビューから1年を迎えたこの春、SEVENTEENが「SEVENTEEN 2019 JAPAN TOUR ’HARU’」を開催。今までにない規模のアリーナツアーにもかかわらず、チケットはすべてソールドアウト!ますます人気に拍車がかかるSEVENTEENの幕張メッセ公演をレポートします!

文・尹 秀姫

【ペンになってもいいですか!?】vol. 98

ステージと客席のコミュニケーションが熱い!

目次

・ステージと客席のコミュニケーションが熱い!
・ますます磨きがかかったチーム別ステージ
・トークが面白すぎて、ギャググループに!?
トークもパフォーマンスも最高に楽しい! SEVENTEEN日本ツアーレポート 【K-POPの沼探検】#98


真っ暗闇の会場の中、センターステージの一角にだけがスポットライトに照らされ、見るとそこには懐かしの黒電話が。チリンチリンと鳴り響くその電話を手にとったバーノンが「もしもし?」と出ると、それがコンサート開始の合図。ギターのリフでロックサウンドにアレンジされた「CALL CALL CALL!」から元気よくスタート。続く「CLAP」ではホシの「声、ちょうだい!」の要請に応えてCARAT(SEVENTEENのファンの名称)の掛け声が会場いっぱいに響き渡り、それに呼応するかのようにSEVENTEENのダンスもバックスクリーンに映し出された炎に負けないくらい熱く、激しさを増していきます。

今回のツアーでは、自己紹介コーナーでジョシュアの番になると会場から「ジェントルマン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.