くらし情報『「歌詞にするとこじらせてばっか」鈴木愛理がファンに“謝罪”!?』

2019年12月20日 20:30

「歌詞にするとこじらせてばっか」鈴木愛理がファンに“謝罪”!?

アイドルグループ°C‐ute解散後、ソロシンガーとしていきなり武道館に1万人を集め、鮮烈なスタートを切った鈴木愛理。1年半ぶりのセカンドアルバム『i』は、クールなダンスチューン、ハードなバンドサウンド、切ないラブバラード等、様々な鈴木愛理の表情が溢れている。自身が作詞作曲に参加した曲も増えて、より素顔が見えるのも魅力だ。
「歌詞にするとこじらせてばっか」鈴木愛理がファンに“謝罪”!?


「ドラマに出演させてもらったことがきっかけで、感情を表に出すことは恥ずかしくないんだって思ったんです。あと、『i』にも収録されているwacciさんの『別の人の彼女になったよ』をツアーでカバーさせてもらって。どうしてもライブでは着飾っちゃうんですが、泣きながら歌う日もあったくらい、歌の世界に深く入り込む感覚を覚えたんです。それで、自分を削って音楽をやることがソロシンガーとしての宿命なのかなって思ったんです」

自身の歌詞では、弱さや孤独感を素直に吐露している。

「インタビューではポジティブ発言するくせに、歌詞にするとこじらせてばっかなんです(笑)。悩んだ時や涙が出た時にメモを取っていて。この前ファンの方に『寂しいか辛い歌詞しかないので幸せな曲を書いてください。結婚するんで!』って言われて、『すいません~』って(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.