くらし情報『「夏バテ」より「夏冷え」が心配…冷房シーズンはお腹にカイロを』

2020年6月3日 20:00

「夏バテ」より「夏冷え」が心配…冷房シーズンはお腹にカイロを

中医学や養生法に詳しい櫻井大典さんによる「Daily(デイリー)養生」。今回のテーマは「夏冷え」です。

体の中心を温めて、夏の冷えを撃退。
「夏バテ」より「夏冷え」が心配…冷房シーズンはお腹にカイロを


気温も湿度もさらに高くなるこれからの時期、一気に増えてくるのが「夏冷え」の悩みです。かつては夏の健康問題といえば暑さから来る「夏バテ」がメインでしたが、いまは一日を通して冷房が効いた空間で過ごす時間のほうが長い時代。加えてコンビニや自販機などで、冷たいものがいつでも手に入ります。外気温が高くても体は冷える一方なのが、いまの生活です。

手足の冷えを自覚する人が多いようですが、実は内臓も相当冷えています。内臓の冷えは疲労をもたらすだけでなく、体の抵抗力を下げて夏風邪などを引き起こす「邪気」を呼び込む一因にも。本格的に冷房シーズンに突入する前の対策が肝心です。夏冷えを自覚している人は早めに養生を始めましょう。

冷え冷えの室内では、お腹と腰にカイロを。
まずはできるだけ体を冷気から守ることが必要ですが、なかでも大切なのがお腹を冷やさないこと。中医学で腹部は「血」が集まる「血府」のひとつであり、ここを温めることで体じゅうに温かな血を巡らせることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.