くらし情報『「実際にストリートガールとして立ってみた」体当たりな役作りを語る』

2020年9月23日 20:00

「実際にストリートガールとして立ってみた」体当たりな役作りを語る

秋の夜長を感じ始める今日この頃。そんなときにオススメの映画は、闇夜を印象的に描いた注目作『鵞鳥湖(がちょうこ)の夜』です。そこで、昨年のカンヌ国際映画祭でも話題となった本作について、こちらの方にお話をうかがってきました。

ヒロインを務めたグイ・ルンメイさん!

目次

・ヒロインを務めたグイ・ルンメイさん!
・キャラクターの二面性を意識して演じた
・武漢は人間味と生活感があふれる場所だった
・光と影が生み出す美しい景色を楽しんでほしい
・インタビューを終えてみて……。
・危うい展開から目が離せない!
・ストーリー
・心を乱す予告編はこちら!
・作品情報
「実際にストリートガールとして立ってみた」体当たりな役作りを語る


【映画、ときどき私】 vol. 323

台湾出身の女優ルンメイさんが本作で挑んだのは、水辺の娼婦とされる“水浴嬢”として生きる女アイアイ。報奨金を掛けられた警官殺しの逃亡犯チョウと出会ったことで、後戻りできない道へと突き進んでいく様子が描かれています。今回は、驚きの役作り方法や撮影の舞台裏について語っていただきました。

―最初に、脚本を読んだときの印象はいかがでしたか?

ルンメイさんディアオ・イーナン監督とご一緒したのは2度目となりましたが、彼の脚本は読むとその場面が頭のなかに出てくるようなところがあるんですよね。今回の脚本を読んだときには、熱くてジメジメしたような印象を受けました。

―では、現場での監督の演出に関して、前作と違いを感じた部分もありましたか?

ルンメイさんまず、前作と一番違うところはスケールの大きさ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.