くらし情報『トーク力も必須? 映画Pが注目する「若手バイプレイヤー」4人』

2020年10月9日 20:30

トーク力も必須? 映画Pが注目する「若手バイプレイヤー」4人

監督、脚本家…クリエイターからひっぱりだこ!愛されてやまない若き芝居巧者たち。映画を製作するプロ、映画プロデューサー・宇田 充さんの視点から、彼らが愛されてやまない秘密を考察します。

監督の世界観にハマれば一生指名され続けるのがバイプレイヤー的ポジション。
映画を企画して製作することが僕の仕事で、監督や脚本家などと話し合ってキャスティングします。役者さん選びの基準は、世界観に合うかどうかが一番。役にぴったりだとか旬な役者であることはもちろん、新たな魅力を期待して普段のイメージと違う役をあえて提案する場合も。ある意味、映画は監督がシェフの店。作品として正解の味は監督のセンスに寄り添います。こういう味(お芝居)がお好きですよね?とか、こういう食材も面白いですよと提案したり相談する役割。ちなみに、ある一つの役からその役者のことが窺えるとしても25%程度。まだまだ知らない顔がある。未知なる魅力を見出すのも楽しみです。みごと監督の世界観にハマり、実力を発揮できる役者は、その後も同じ監督から指名が続くことも多いですよね。誰もが観たがるいつもと同じ味の“ザ・スター”な役者も必要だけど、どんな役でも演じきるバイプレイヤー的ポジションの役者は、一生指名され続けるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.