くらし情報『ヌードの傑作!…「圧倒的に美しい」写真の魅力をキュレーターが語る』

2020年10月18日 19:20

ヌードの傑作!…「圧倒的に美しい」写真の魅力をキュレーターが語る

10月20日からBunkamura ザ・ミュージアムで『東京好奇心 2020 渋谷』がはじまります。この展覧会では、100人の写真家たちが撮影した作品約200点が集結。今回、同展キュレーターの太田菜穂子さんに取材し、見どころなどをうかがってきました。

東京好奇心って?

目次

・東京好奇心って?
・どんな100人?
・写真はどう見ればいいの?
・女子におすすめの作品は?
・見てはいけない…神々しい作品とは?
・最後は、希望の作品
・インタビューを終えて…
・Information
ヌードの傑作!…「圧倒的に美しい」写真の魅力をキュレーターが語る


【女子的アートナビ】vol. 185

「東京好奇心」とは、「写真が社会のために何かできるのではないか」という思いをもって活動しているNPO東京画が2018年に立ち上げたプロジェクト。東京をキーワードに100人の写真家が撮影した作品をまとめ、世界に発信しています。

2018年にはパリ市4区庁舎で、2019年にはベルリン市庁舎とベルリン日独センターで展覧会を開催。そして、いよいよ2020年秋、『東京好奇心 2020 渋谷』がスタートします。

今回、NPO東京画のファウンダーで、同展のキュレーターも務める太田菜穂子さんにお会いし、写真展のお話をうかがってきました。

どんな100人?

ヌードの傑作!…「圧倒的に美しい」写真の魅力をキュレーターが語る


展覧会の公式サイトを見ると、参加作家はアジアから欧米、南米まで16の国と地域にわたり、年齢もさまざま。巨匠と呼ばれる人から若手まで、個性的な100人が集まっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.