くらし情報『遠藤憲一“役の色気”を分析 「俺自身は、精神年齢がひどいくらい低いのよ」』

2021年3月29日 20:10

遠藤憲一“役の色気”を分析 「俺自身は、精神年齢がひどいくらい低いのよ」

「自分の色気はわからないけれど、周りから、この役は色っぽかったですねって言われるのは、自分とは真逆の役をやった時ですね。普段の俺は落ち着きないから」。そう言って豪快な笑顔を見せた遠藤憲一さん。寡黙で渋い役柄が多いだけに、そのギャップに驚かされる。

「大事にしてるのは、なるったけ心が自由でいることかな」

遠藤憲一“役の色気”を分析 「俺自身は、精神年齢がひどいくらい低いのよ」


「俺自身は、精神年齢がひどいくらい低いのよ。小学生と喋って話が合うくらいで“大人”というには程遠い(笑)。でも、得てして周りから褒められるのは、さっきも言ったように真逆な役なんですよね。カッチリしたセリフとか難しいことを言うとか、無駄な動きのないものとか。悪役とか刑事とか。自由にやるよりも、少し制約があるほうがいいのかな。黙っているとこの顔つきだから、少しは雰囲気が出るのかもしれない」

本来好きなのは、ほのぼのとしたホームドラマだそう。ただ、演じるぶんには自分とかけ離れたキャラクターは面白いと話す。

「悪い役を演じる時にテーマにしているのは哀しみかな。作品の中には描かれていなかったとしても、悪の道でしか生きられなかった哀しみみたいなものは、どこかに持っておきたいなと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.