くらし情報『“人間の本質”を見事に演じる! 俳優・高橋一生の演技論が深すぎ』

2016年7月19日 22:00

“人間の本質”を見事に演じる! 俳優・高橋一生の演技論が深すぎ

たかはし・いっせい1980年12月9日、東京都生まれ。数々のドラマ、映画、舞台で活躍。近作にドラマ『民王』『僕のヤバイ妻』が。7月22日からドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)がスタート。シャツ¥24,000パンツ¥28,000(共にイッティビッティ/ストライプスデザインTEL:03・5768・2401)

舞台「レディエント・バーミン」は若い夫婦が観客に語りかけるところから始まる。それはある日、彼らの元に舞い込んできた無償で家を提供するという話。さっそく引っ越したふたりは、家を理想の形へとリフォームしてゆくが、夢の暮らしの裏にはある犠牲を伴っていて―。

「このホンに書かれているのは、人間の本質だと思います。どんなに欲望に意志の力で立ち向かおうとしていても、実際に目の前に突きつけられると、すぐに揺らいでしまう。作者のフィリップ・リドリーは、そういう人間の曖昧さをすごく厳しい形で描いているんだけれど、それが上から物を言うわけじゃなく、観客と同時に自分自身に向けても問いかけている。そんな優しさを感じます」

リドリー作品への出演は、これが2作目の高橋一生さん。そのどちらも演出は白井晃さんが手がけている。「白井さんは、俳優の本質みたいなものを見ている演出家だと思うんです。心の動きを見逃さず、ここでこんな想いを表現したいんだろうなということを読み取って尊重してくださる。白井さんとは4回目になりますから、僕の体を通じて何を表現したいと思っているかもわかるので、お互いに連携を取りやすいですし、単純に白井さんの作る世界観が好きだっていうのもあります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.