くらし情報『酒井順子「ananは女性を振り回してきたんです」著書『ananの嘘』に込めた思い』

2021年6月21日 17:00

酒井順子「ananは女性を振り回してきたんです」著書『ananの嘘』に込めた思い

’90年代より、雑誌『anan』に恋愛特集や「一人で生きる方法」「運のつかみ方」などのテーマで多くのエッセイを寄稿している、エッセイスト酒井順子さん。『anan』創刊から2000号までを分析した1年半の連載を1冊にまとめた書籍「ananの嘘」の文庫版が出版された機会に、いままでとこれからの『anan』についてうかがいました。

『anan』の創刊から今まで歩んできた道とは?

2017年3月にマガジンハウスより刊行された酒井順子さんの著書『ananの嘘』。1970年の『anan』創刊から2016年に迎えた2000号までを振り返り徹底検証した人気連載のまとめです。それに書き下ろしを加えて再構成された文庫版が出版されました。

目次

・『anan』の創刊から今まで歩んできた道とは?
・初期のananは過激だった!?
・’00年代になると、占いやスピリチュアルが登場
・ananがついた“嘘”を楽しんだ読者たち
・これからもananは、時代に沿った道を進むのか!?
・Information


酒井順子「ananは女性を振り回してきたんです」著書『ananの嘘』に込めた思い


著者の酒井さんに、日本の雑誌カルチャーや女性の価値観の変遷、さらにananが読者とともに悩み葛藤しながら歩んできた歴史について、うかがいました。

初期のananは過激だった!?

編集部とにかく驚くのが、創刊当時のananの尖りっぷりです。

酒井さん’70年代には、ヌードのお見合い写真を掲載したり、セックスに開放的な企画など、「既成概念にとらわれない」、「タブーに挑戦したい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.