くらし情報『堀未央奈「乃木坂46卒業1作目としては強烈な役」 社内W不倫の“モンスター妻”に』

2021年7月19日 21:10

堀未央奈「乃木坂46卒業1作目としては強烈な役」 社内W不倫の“モンスター妻”に

愛妻家のイケメン夫・暢(のぶる)と、かわいい妻・藍子。誰もが羨む夫婦の裏には、妻の社内W不倫という衝撃の事実が…。一筋縄ではいかない不倫劇を描いた話題のコミック『サレタガワのブルー』がドラマ化。愛らしくしたたかなモンスター妻を演じるのは、乃木坂46を卒業したばかりの堀未央奈さん。

規格外の悪女役は、演じていて楽しかったです(笑)。
堀未央奈「乃木坂46卒業1作目としては強烈な役」 社内W不倫の“モンスター妻”に


「悪女役と聞いて原作を読んだら、藍子が予想以上にとんでもなくて驚きました(笑)。それにいままでの不倫ドラマにはない斬新な展開…これは演じてみたいなと思いました」

“不倫する側”の欲望と、“された側”の痛み。両者の思いに胸がざわつき、次々起こる事件にドキドキが止まらなくなる。この新しい感覚はまさに「不倫エンターテインメント」。

「夫の暢、のぶくん側から見たら切ない…でも、とにかく藍子が規格外なので私は演じていて楽しかったです。小悪魔系の女の子って、憎たらしいけど自分にはない愛嬌があって好きなんです。さすがに藍子は行きすぎてるけど(笑)。アイドル卒業1作目としては強烈な役だけど、女優業を一から始めようと卒業したので覚悟はあるつもり。見る方も一人の女優として、まっさらな目で見ていただけたらうれしいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.