くらし情報『愛希れいか「これほど熱量がある舞台ってなかなかない」 唐十郎作品に挑む』

2021年12月7日 19:10

愛希れいか「これほど熱量がある舞台ってなかなかない」 唐十郎作品に挑む

『エリザベート』や『マタ・ハリ』など、数々のミュージカルで主演を務める愛希れいかさんが、『泥人魚』にて初のストレートプレイに挑戦する。しかも混沌にまみれたアングラ劇という、これまでとはまるで違うタイプの作品。しかし意外にも「小さい頃から、母がそういう舞台も好きでよく観に連れて行ってもらっていた」のだそう。
愛希れいか「これほど熱量がある舞台ってなかなかない」 唐十郎作品に挑む


「大人になってからも、すすんで観に行ったりするくらい興味はあったんです。自分から出てみたいと言葉に出して言えないけれど、理由も分からず惹かれる感じはなんだろうと思っていたんです」

諫早湾の干拓事業を題材に、“ヒトか魚か分からぬコ”や“人の影を踏む興信所”が登場する不可思議な世界が怒濤のように展開する作品。

「台本は何度も何度も読んでいますが、最初は分からなすぎて頭を抱えました。でも稽古場で立って声を出してセリフを言ってみると、“なるほど”って思う瞬間があるんですよね。宮沢(りえ)さんにも『台本と向き合うのはひとりの時間にして、稽古場で起きていることに目を向け、耳を傾けてみて。雑談から生まれるものもある。分からなくても熱量を持って大きな声で言ってみると見えるものがあるかもしれないよ』とアドバイスをいただきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.