くらし情報『“過激すぎる問題作”再演! 池田鉄洋「本当にヒドい物語だけど…」』

2016年11月4日 22:00

“過激すぎる問題作”再演! 池田鉄洋「本当にヒドい物語だけど…」

(左)なかむら・まこと劇団・猫のホテルに所属。近作に映画『海よりもまだ深く』。主演映画『堕ちる』は11/5に渋谷ロフト9で上映。(右)いけだ・てつひろコントユニット・表現さわやかを主宰、作・演出も手がける。12月に上演の舞台『パタリロ!』の脚本も担当する。

長塚圭史さん率いる阿佐ヶ谷スパイダースが結成20周年を迎え、12年前にその過激さゆえ問題作とされた『はたらくおとこ』の再演が決定。初演に引き続き出演する中村まことさん、池田鉄洋さんの心境は―。

池田:20 周年とはいえ、圭史はよくこの作品を再演しようと思ったなと。

中村:稽古が相当苦しかったからね。

池田:脚本が上がってくるたびに、キャスト全員であれこれ文句をつけるから何度も書き直すことになって、圭史は相当嫌だったみたいなのに。

中村:過激な場面が多くて、やってるほうは心が荒むし、クライマックスで一部お客さんは引いてるし(笑)。

池田:でも、そういうことを含めて楽しかったんですよ。圭史は8年前にイギリスに留学して、作風も演出もガラッと変わったじゃない?正直、昔の作品が大好きだったから、いまの圭史にこれができんのかい?って気持ちもあるんだよね。今回、初演メンバーがほぼ全員揃ったこともあるし、イギリスで経験したことよりも強烈なものを経験させてやるぜ、っていう気持ちもなくはない。

中村:僕も確かに帰国後の作品を観て、こういうのはもうやらないんだって寂しい気持ちはあったよ。ただ、圭史もいろんな挑戦をして、芝居を作る懐が広くなったなって感じてる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.