くらし情報『初感染は「はつかんせん」と読まない!? 読み方に迷う漢字4選』

2022年5月14日 19:00

初感染は「はつかんせん」と読まない!? 読み方に迷う漢字4選

日常よく使う漢字でも、どう読めばいいのか迷うものって、ありますよね。今回は、読み方が意外に難しい「初」の字にフォーカスします!

【漢字クイズ】vol. 17

「初感染」はどう読む?

目次

・「初感染」はどう読む?
・「初体験」の読み方は?
・「初産」の読み方は?
・「初孫」の読み方は?
・「初々しい」は…?
初感染は「はつかんせん」と読まない!? 読み方に迷う漢字4選


「初感染」の読み方は、「はつかんせん」、「しょかんせん」、どっちでしょう?

正解は、

「しょかんせん」です!

意味は、「はじめてその病気に感染すること」。

昔、結核が流行していたときによく使われたそうです。コロナ以降、再びよく見る言葉となりました。

「初体験」の読み方は?

初体験の読み方は、

「はつたいけん」が一般的ですが「しょたいけん」でもOK。

意味は、「初めての体験。特に初めて異性と関係をもつこと」。

名詞の前につける「初」は、「はつ」と「うい」、「しょ」があり、読み方の明確なルールがなく、意外に難しいです。

「初体験」について調べたところ、日本語表記に関する書籍には「はつたいけん」が正しいと記載されていました。ただ、ネットの辞典では「しょたいけん」という読み方も一緒に載っています。

ちなみに、2002年にフジテレビ系列で放映されたドラマ『初体験』の読み方は「はつたいけん」でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.