くらし情報『要潤「日本の美をすごく感じる…」アート好き俳優が語る日本画の楽しみ方』

2022年5月20日 20:20

要潤「日本の美をすごく感じる…」アート好き俳優が語る日本画の楽しみ方

要潤「日本の美をすごく感じる…」アート好き俳優が語る日本画の楽しみ方


伝 狩野永徳 《韃靼人朝貢図屏風》桃山時代、16世紀後半Museum of Fine Arts, Boston, Fenollosa-Weld CollectionPhotograph © Museum of Fine Arts, Boston

要さんモネやピカソとか見ると、確かに「わっ、上手」とは思うのですが、異国の文化が全部自分の身に染みて感じられるわけではありません。

でも日本画は、日本人の根底にある何かがしっかりと表現されているのを感じられる気がします。色づかいひとつにしても構図にしても、日本の美をすごく感じるので、僕自身は日本画が好きですし、きっとみなさんも理解していただけるのではないかな、と思うのです。

「気持ちをぐっとかき回される感じ」

要潤「日本の美をすごく感じる…」アート好き俳優が語る日本画の楽しみ方


――要さんは美術の番組にも出られ、いろいろな美術館を訪れていらっしゃると思いますが、はじめて行かれた美術館やアートに触れた経験を教えていただけますか?

要さんはじめて訪れたのは、地元の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館です。小学生くらいのときに、家族と行きました。

――猪熊さんの作品は現代アートで難解なイメージがありますが、お子さんのときに見られてどうでしたか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.