くらし情報『恐竜のリアルな描写にも注目! 新人恐竜飼育員の奮闘を描いたコミック』

2022年6月13日 20:10

恐竜のリアルな描写にも注目! 新人恐竜飼育員の奮闘を描いたコミック

もしも恐竜が、現代に生きていたら……。恐竜好きなら一度は考えたことがありそうだが、『ディノサン』著者の木下いたるさんもそのひとり。

人間と恐竜は共存できる!?恐竜園の新人飼育員、奮闘記。
恐竜のリアルな描写にも注目! 新人恐竜飼育員の奮闘を描いたコミック


「もともとマンガ家を目指していたのですが、大学卒業後、パラオという国で働く機会があって、当時住んでいた家の目の前がジャングルだったんです。その雰囲気がいかにも『ジュラシック・パーク』に出てきそうな感じで、そういえば昔、恐竜が好きだったなと思い出したのが、本作を描くきっかけになりました」

物語の設定は恐竜の生き残りが発見されて、遺伝子操作などで再生された現代。一時は恐竜ブームに沸いたものの、とある事故がきっかけで下火に。経営難に陥った恐竜園「江の島ディノランド」に新人飼育員として入社するのが、主人公の須磨すずめだ。木下さんは前作でも、恐竜のパニックマンガを描いているが、それ以前からアイデアを温めていたのがこの飼育モノだったそう。

「僕自身、家畜の飼育経験などがあるので、知識というより手触りの感覚で描けると思ったのです」

恐竜のリアルな描写に欠かせないのが監修者・藤原慎一さんの存在。

「体や動きのディテールなどは、藤原先生に何度もチェックしてもらいながら描くのですが、いかに本当っぽく見せるか毎回苦労しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.