くらし情報『水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いとは』

2019年7月14日 15:00

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いとは

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いとは


食物繊維は、食品中の成分のうち、人の消化酵素で消化されにくい成分のことをいいます。
食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。
不溶性:水溶性=2:1が理想とされています。それぞれ効能が違うので、バランスよく摂れるようにしましょう。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はさらに細かく分けることができます。

水溶性食物繊維とは

ヌルヌルとした粘性と、保水性が高いのが特徴です。糖分の吸収速度をゆるやかにするので、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。さらに、脂肪の吸収を抑えたり血中コレステロール値を減少させる働きもあります。

種類と働き
■ペクチン
血糖値の急な上昇を防ぎ、コレステロールの上昇を抑制する作用があります。
<多く含まれる食材>熟した果物・かぼちゃ・キャベツ・大根

■グルコマンナン
食べたものを包み込んで、消化・吸収させにくくする作用があります。また、水を吸収する作用があり胃の中で膨らんで満腹感が得られます。
<多く含まれる食材>こんにゃく

■アルギン酸
海藻のぬめり成分で、コレステロールや血糖値の上昇抑制作用・便秘解消・動脈硬化の予防などの作用があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.