くらし情報『「お兄ちゃんよろしく!」まだ4歳の息子につい頼っていた…涙の訴えで初めて気づいた息子の気持ち』

2022年6月30日 13:30

「お兄ちゃんよろしく!」まだ4歳の息子につい頼っていた…涙の訴えで初めて気づいた息子の気持ち

わが家には4歳、2歳のお兄ちゃん2人と生後2カ月の娘がいます。娘が生まれてから、特に4歳の息子に頼ることが多く、すぐに「お兄ちゃんよろしく」と頼ってしまっています。ある日ついに4歳の息子が拒否して泣いてしまい、無理をさせていたのだと反省したエピソードを紹介します。

4歳の息子に頼りっぱなし

4歳の息子は普段から手伝いをしてくれたり、先生の言うことをしっかり聞いて、片付けなども率先しておこなうタイプです。

娘が生まれてから私たちも家事に手が回らなくなり、何かと4歳の息子に頼りっぱなし。すぐ「お兄ちゃん、面倒見ておいてくれる?」「お兄ちゃん、おむつ取ってきてくれる?」と言うことが増えました。

でも、頼み事ばかりしているときに息子が「まだ遊びたいのに……」とボソッと言ったことがあり、「お兄ちゃんよろしくばかり言ってごめんね」と感じました。

息子はわかってくれていると思ってしまう

頼ることが増えたものの、「息子はわかってくれている」と思っていた私。

「パパ聞いて!」「パパこっちに来て!」と息子が話したそうでも、娘が泣いていたら娘を優先してしまったり、「おなかがすいた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.