くらし情報『#002「ファストファッションって、ファッションじゃない」れもんらいふ千原徹也の『記憶の一着』|赤澤えると『記憶の一着』』

#002「ファストファッションって、ファッションじゃない」れもんらいふ千原徹也の『記憶の一着』|赤澤えると『記憶の一着』

2018年2月13日 09:37
 

こんにちは。赤澤 えるです。思い出の服を持ち寄る連載『記憶の一着』第2回です。たくさんの服が捨てられる世の中で、残る服って何だろう。それはどうして残るのだろう。それを手放す時ってどんな時…?
服の価値、服の未来、ゲストのお話をヒントに考えていく連載です。

目次

・運命の出会いを生んだ、千原徹也の『記憶の一着』とは
・みんなが買っているものは買わない
width=“100%

運命の出会いを生んだ、千原徹也の『記憶の一着』とは

赤澤 える(以下、える):『記憶の一着』について聞かせてください。千原 徹也(以下、千原):「nakEd bunch(ネイキド バンチ)」のニット。28歳くらいの時、まだ京都に住んでた頃に代官山で買ったの。イラストレーターのエドツワキさんが昔10年やってたブランドでね。僕は単純にエドさんのファンで、京都から代官山に毎シーズンわざわざ買いに行ってたんです。いつも好きな服を買うだけのために東京に行ってた。

width=“100%

みんなが買っているものは買わない

える:この服をもし手放すとしたらどんな時ですか?千原:もうボロボロだから、人にあげるにしてもねぇ。14年も着てるから、もはや他の人が着れるのかっていう…。でも自分の子どもが欲しいって言ったらあげるかな。そしたらアレンジとかしてもらっても良いね。える:モノを大切にされるんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.