くらし情報『73歳ミッキー・カーチス、懐かしの日劇に凱旋し生演奏!』

2011年11月28日 18:10

73歳ミッキー・カーチス、懐かしの日劇に凱旋し生演奏!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作『ロボジー』の公開を記念して、主演にして主題歌も担当するミッキー・カーチス五十嵐信次郎)がかつて一世を風靡したロックの聖地“日劇”に凱旋!“新曲発表カーニバル”と銘打ってバンド「シルバー人材センター」の仲間たちと生演奏を披露した。

家電メーカーの窓際3人組が社長命令で2足歩行ロボットを開発するも発表間際に大破。代わりにロボットの中に人を入れてピンチを乗り切ろうとするドタバタコメディで、カーチスさんはロボットの中に入る偏屈な老人を演じている。

半世紀前に日劇ウェスタンカーニバルに出演し、平尾昌晃山下敬二郎と共に「ロカビリー3人男」と呼ばれたカーチスさんは、久々の日劇での演奏にノリノリ。本作の主題歌で、ステイクスの1983年のヒットナンバーをカバーした「Mr.ROBOTO」に加え、往年のロックメドレーを披露し、集まった観客の歓声を浴びた。バンドメンバーはロボットのヘルメットをかぶって登場したが、その中には「ゴダイゴ」のメンバーであり、カーチスさん同様にかつて日劇の舞台に上がった経験を持つミッキー吉野浅野孝巳ら大物ミュージシャンの姿も!観客は往年のスターたちの生演奏に酔いしれた。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.