くらし情報『久々に共演の高良健吾&吉高由里子 「計算してない」「寄りかかれる」と互いを絶賛!』

2012年5月7日 13:38

久々に共演の高良健吾&吉高由里子 「計算してない」「寄りかかれる」と互いを絶賛!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


吉田修一の同名人気小説を原作とした映画『横道世之介』の千葉県内での撮影の模様が5月6日(日)、報道陣に公開され、撮影後には主演の高良健吾、吉高由里子、沖田修一監督による記者会見が行われた。

1980年代後半、東京で大学生活を送る横道世之介(高良さん)の青春の日々をユーモラスに描き出す本作。3月のクランクインから都内各所や吉田さんの母校である法政大学内、川越、横須賀、下田、さらに吉田さんの出身地で劇中の世之介の故郷でもある長崎でもロケが行われた。

この日、撮影されたのは世之介がガールフレンドでやや浮世離れしたお嬢様の与謝野祥子(吉高さん)の実家を訪れるシーン。世之介が緊張しつつ祥子の両親と対面する場面や、改めて世之介と祥子が付き合っているということを確認する場面がカメラに収められた。時代はちょうどバブル景気が始まった1987年で、祥子の父は残土業社の社長。広い応接間にはビリヤード台、虎や鹿の剥製(はくせい)、西洋騎士の甲冑などが飾られているなどゴージャスな作りに。そんな中でちょっぴりとぼけた世之介が緊張しつつも祥子の両親と会話を交わすさまや、互いに照れながらも世之介と祥子が「好き」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.