くらし情報『芳根京子、有村架純の運命を揺るがすキーパーソンに!月9「いつ恋」出演』

2016年3月7日 17:00

芳根京子、有村架純の運命を揺るがすキーパーソンに!月9「いつ恋」出演

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


有村架純&高良健吾をはじめ、高畑充希&西島隆弘&森川葵&坂口健太郎ら最旬俳優が集結し、東京で生きる若者たちのリアルな恋を描く“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。この度、最終回に向けた最後のキーパーソンとして、若手女優・芳根京子が出演することが分かった。

音(有村架純)のアパートに木穂子(高畑充希)がやってくる。木穂子は、いま恋人からプロポーズされるのを待っているのだという。以前、一度プロポーズされたが忙しくてスルーしてしまったらしい。木穂子は、プロポーズされたら何も考えないでOKしなければいけない、と音にアドバイスする。練(高良健吾)は、小夏(森川葵)を連れて静恵(八千草薫)の家に身を寄せ、再び柿谷運送で働き始める。柿谷運送社長の嘉美(松田美由紀)や、先輩の佐引(高橋一生)、加持(森岡龍)らは、そんな練を手荒く歓迎する。

仕事帰りのバスで練と一緒になった音は、サスケに会うために静恵の家に立ち寄る。小夏は専門学校の制作があってまだ帰っていなかった。その際、練は、観覧車の近くにあったピアノが聞こえる店を探したが見つからなかったことを音に話し、「今度探しに行きませんか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.