くらし情報『青木裕子&小澤征悦が明かす『ディズニーネイチャー』の魅力』

2016年3月18日 17:30

青木裕子&小澤征悦が明かす『ディズニーネイチャー』の魅力

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


ウォルト・ディズニーの遺志を受け継ぐ、大自然に息づく動物たちのネイチャー・ドキュメンタリー『ディズニーネイチャー』シリーズ。このほど本シリーズで日本語吹き替え版のナレーターを務めたフリーアナウンサー・青木裕子と、俳優・小澤征悦のインタビューコメントがシネマカフェに到着した。

ディズニーが最新鋭の撮影機器を駆使し、ダイナミックな大自然を追い続けたネイチャー・ドキュメンタリーとなる本シリーズ。シリーズ6本のうち、青木さんがナレーションを務めたのは、『アース』のマーク・リンフィールド監督とアラステア・フォザーギル共同監督が、スリランカの熱帯雨林で暮らすサルたちを1,000日間をかけて追った『ディズニーネイチャー/サルの王国とその掟』だ。また、小澤さんは、同じく『アース』の監督2人がアラスカはカトマイ国立公園・自然保護区のクマを追った『ディズニーネイチャー/クマの親子の物語』で、ナレーションを務めている。

まず、『サルの王国とその掟』では、過酷な階級制度の下、たくましく生きるサルたちが活写されているが、2児の母になったばかりの青木さんは、母サルのマヤにかなり感情移入をしたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.