くらし情報『黒沢清監督最新作!完全オリジナル脚本『世界の果てまで(仮)』2019年公開へ』

黒沢清監督最新作!完全オリジナル脚本『世界の果てまで(仮)』2019年公開へ

2018年4月3日 12:00
 

Photo by cinemacafe.net

『トウキョウソナタ』『岸辺の旅』『クリーピー 偽りの隣人』など、世界の国際映画祭で注目を集める黒沢清監督が、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年記念の国際共同製作作品を手掛けることが決定。日本公開タイトルは『世界の果てまで(仮)』(working title『To the Ends of the Earth』)で、2019年の公開を予定している。

本作は、日本とウズベキスタンが1992年1月26日に正式に国交を樹立してから25年が経ち、日本人が建設に関わったナボイ劇場が、1947年10月の完成から70周年を迎えたことを記念した両国の共同製作企画。

黒沢監督オリジナル脚本で挑む本作は、日本のテレビバラエティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性タレントが、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって新しい世界が開かれ、成長していく姿を描いていくという。

かつての世界の中心“ティムール帝国”という響きに昔から強く魅了されていたという黒沢監督は、「いままさにその場所ウズベキスタンにいます。私の大好きな俳優、スタッフたちとここで映画を撮るのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.