くらし情報『『兄友』出演の福山潤、9年ぶり実写映画オファーは「どうかしてる」』

2018年5月15日 18:00

『兄友』出演の福山潤、9年ぶり実写映画オファーは「どうかしてる」

Photo by cinemacafe.net

いま注目の若手俳優・横浜流星が単独初主演を務める映画『兄友』。この度、原作には登場しない、実写化での新キャラクターを演じる声優・福山潤が、出演への思いや、演じたキャラクターについてコメントするインタビュー映像が到着した。

赤瓦もどむの同名漫画を実写化した本作は、イマドキの恋愛ができない素朴なJK・七瀬まい松風理咲)と、イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太横浜流星)とのハートフル“ウブ・ストーリー”。

コードギアス 反逆のルルーシュ」ルルーシュ役をはじめ、「黒執事」「マクロスF」「七つの大罪」「おそ松さん」「暗殺教室」など様々な作品に出演。普段は声優として活躍する福山さんが本作で演じているのは、壮太の妹・秋(小野花梨)がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長・橘萩之介。壮太とまいに“恋愛講座”を繰り広げるというユニークなキャラクターだ。

また、映画公開前に放送されたドラマ版でも話題となり、Twitterでは「まってまってまって 兄友のドラマに福山潤さん、イケボすぎるぞ!!!!!!!!!」「兄友のドラマに福山潤さん出てるんですけど」「兄友のドラマの福山潤パートで毎回爆笑しておる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.