くらし情報『荒巻全紀&木村知貴ら個性派俳優が集結!『菊とギロチン』』

2018年6月19日 18:18

荒巻全紀&木村知貴ら個性派俳優が集結!『菊とギロチン』

Photo by cinemacafe.net

大正末期、関東大震災直後の日本を舞台に、“女相撲”を描く瀬々敬久監督作『菊とギロチン』。本作には、きっと“次にくる”個性派俳優たちが集結している。そこで今回、そんな注目の彼らの写真&コメントと共に紹介。

本作は、かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリー。今回紹介する注目キャストは、東出昌大演じるリーダー・中濱鐡、その盟友・古田大次郎(寛一郎)と共に登場する「ギロチン社」のメンバー8人を演じる若手俳優たち。

■演劇ファンも唸った! 荒巻全紀/倉地啓司

2014年に上演された青山真治監督演出の舞台「ワーニャおじさん」でワーニャを演じ、演劇ファンを唸らせた荒巻全紀。今作で演じるのは、倉地啓司。荒巻さんは「かれらもおれも、喧嘩にはよおく負けた。力もなけりゃ金もねえからな!でも生きた!高品質なエサだらけの、家畜が生き延びるためには最適なこの時代じゃあ搾乳機が取り付いてることにも気づけね。え、それはもう殺されてんのと同じだ!生きろ!」と力強いコメントを寄せている。

また、10月公開予定の大森立嗣監督作『日日是好日』にも出演しており、こちらでは今作とはまた違った顔を見せているので、こちらも要チェックだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.