くらし情報『綾野剛、「豊川さんを通して見つけられた」“掛十之進役”への思いとは…『パンク侍、斬られて候』』

2018年6月21日 16:15

綾野剛、「豊川さんを通して見つけられた」“掛十之進役”への思いとは…『パンク侍、斬られて候』

Photo by cinemacafe.net

綾野剛が主演し、脚本を宮藤官九郎、監督を石井岳龍が務めた話題作『パンク侍、斬られて候』が、6月30日(土)より公開される。この度、本作で主人公・掛十之進を演じた綾野さんが、十之進の“十”の字に込めた思いを明かした。

主人公・掛十之進はカメレオン侍!?

今回綾野さんが演じている掛十之進は、超人的な剣術の腕を持ちながら、どの藩にも仕えることができず、日本中を放浪している“プータロー侍”。また、もう1つの武器は、あらゆる状況を自分の都合のいいように丸め込んでしまう、その弁舌だ。

そんなこれまでの侍像を打ち砕く、まさに超破天荒なこのキャラクターについて綾野さんは、「一作品で、これだけ様々な共演者の方とご一緒できるというのは、ものすごく“役者冥利”に尽きますし、掛にとってもそういう色々な登場人物と介することによって、掛自身が変幻自在に変わってゆく。掛十之進が一之進ではなく、十之進である理由もそこにあると思っています」とコメント。様々な登場人物との掛け合いから、カメレオンのように変色してゆく掛十之進の個性を明かした。

「主役が周りのキャラクターに合わせてトーンを変えてゆく」

掛の口達者で超テキトーな侍というユニークな侍像は、周りの状況や登場人物のテンションに合わせて自在に色を変えてゆく綾野さんの演技によって生み出されたそうで、綾野さんは「共演者の皆様のキャラクターが本当にカラフルで強烈な個性を持っているので、それを一度受け止め、その皆さまのキャラクターのカラーに掛を合わせていったのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.