くらし情報『桐山漣「憎めない変人感を大切に」「探偵が早すぎる」第5話から本格始動』

桐山漣「憎めない変人感を大切に」「探偵が早すぎる」第5話から本格始動

2018年8月16日 18:00
 

Photo by cinemacafe.net

滝藤賢一広瀬アリスのW主演ドラマ「探偵が早すぎる」の第5話が、8月16日(木)今夜放送。本作にレギュラー出演中の“大陀羅壬流古(だいだらみるこ)役”桐山漣のメイン回となり、ついに彼が動き出すという。

探偵・千曲川光役を滝藤さん、女子大生・十川一華役を広瀬さんが演じる本作は、事件を未然に解決する探偵が、美女の命を守り抜く痛快コメディ・ミステリーだ。

第5話では、一華の命を狙うべく、朱鳥(片平なぎさ)の息子・壬流古(桐山さん)が幼い兄弟、透と乃亜に不敵に微笑み、「ゲームやらない?」と声をかけ、「この玩具のナイフでお姉ちゃんの胸を突き刺して、びっくりさせてくれたらクリアだ」と言って透にナイフを手渡す…。

一方、城之内(佐藤寛太)と夏まつりを楽しんでいた一華だったが、城之内がバイト先から呼び出しがかかり、ひとりきりになってしまった。すると、このひとりになった瞬間を狙って、子どもたちが心臓を一刺し――!?

「かなりの濃厚な悪役と出会えたことをとてもありがたく思ってます」と今回の役柄を気に入ってる様子の桐山さんは、「我々一族はラスボスでもあるので、ただの悪役にならないよう悪役でありながらもまじめにアホをすることを根っこに現場に入っていて、、壬流古が朱鳥との会話でよく使う『イエス、マァム』は台本になかったので原作からいただきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.