くらし情報『山田孝之の“衝撃”キスシーンに視聴者も困惑!?…「dele」第7話』

2018年9月8日 09:15

山田孝之の“衝撃”キスシーンに視聴者も困惑!?…「dele」第7話

Photo by cinemacafe.net

山田孝之と菅田将暉のW主演による金曜ナイトドラマ「dele」(ディーリー)の第7話が9月7日深夜に放送され、衝撃的すぎる山田さんのキスシーンや、“後味の悪い”結末に視聴者から大きな反響が巻き起こっている。

本作は気鋭のベストセラー作家・本多孝好が山田さんと菅田さんのために当て書きした完全オリジナルストーリー。山田さん演じる坂上圭司と菅田さん演じる真柴祐太郎は依頼人の死後、不都合なデジタル記録をすべて内密に抹消する仕事「dele. LIFE」をしているのだが、任務を遂行しようとするたび様々な問題に巻き込まれ、依頼人の死に隠された真相とその背景を解き明かすことになっていく。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は祐太郎が依頼者・笹本隆の死亡確認を取って「dele. LIFE」に帰ってくるところから物語が始まった。ちょうどその場にいた圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、依頼者の名前を聞いて顔色を変える。依頼者の笹本隆の父・笹本清一(塚本晋也)は8年前に起きたバザー会場でジュースに毒物を混入した事件の犯人とされ、死刑判決を受けている男だったからだ。

隆のスマホの中身をみるとそこには何者かが粉末をウォータークーラーに投入する映像が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.