くらし情報『「ありがとう」…山田孝之×菅田将暉「dele」最終回に“感謝”』

2018年9月15日 10:00

「ありがとう」…山田孝之×菅田将暉「dele」最終回に“感謝”

Photo by cinemacafe.net

人気ベストセラー作家の本多孝好が山田孝之と菅田将暉の2人にあてがきしたキャラクターを軸に“デジタル遺品”を巡る人間ドラマを描いた「dele」。本作のファイナルを飾る第8話が9月14日に放送され、SNSではそのラストに感動した視聴者の声が溢れている。

「ストレイヤーズ・クロニクル」「真夜中の五分前」「at Home」などで知られる本多さんによるオリジナルストーリーとなる本作。

依頼人の死後に遺留データを内密に消す会社「dele. LIFE」を立ち上げた坂上圭司を山田さんが、彼の仕事を手伝うようになる真柴祐太郎を菅田さんが、2人を引き合わせた坂上の姉の弁護士・舞を麻生久美子がそれぞれ演じるほか、毎話出演した豪華ゲストも話題となった。

これまでの物語で祐太郎の妹が亡くなったことは明かされていたが、最終回ではその“真実”に迫ることに。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
死亡確認を取ろうとした依頼者が辰巳仁志(大塚明夫)だと知った祐太郎は突然表情を変える。祐太郎の妹は9年前、新薬の治験で亡くなり、その真実を突き止めようとした家族はネットで誹謗中傷にさらされたのだが、その際の入院先の弁護士が辰巳だったのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.