くらし情報『テイラー・スウィフトが共和党議員を批判、トランプ大統領が反撃』

2018年10月9日 11:53

テイラー・スウィフトが共和党議員を批判、トランプ大統領が反撃

Photo by cinemacafe.net

テイラー・スウィフトが珍しく「政治的な発言」をした。これまで、政治に関してコメントするのは「消極的だった」というテイラー。しかし、「この2年で自分の生活や世界で、そうも言っていられない出来事が起きている」という理由により、声を上げることに決めたようだ。来月6日に行われる中間選挙について、SNSで「地元テネシー州で民主党候補に投票する」と宣言。想いを長文に綴った。

それによれば、テイラーは常に「人権を守り、そのために闘う候補者に投票している」とのこと。いままでと同様、これからもできる限り女性候補に投票したいというものの、テネシー州の共和党候補のマーシャ・ブラックバーン下院議員には「投票できない」と名指しで批判。その理由として、ブラックバーン氏が男女平等の同一賃金や、女性をDV、ストーカー行為、デートレイプから守る、女性に対する暴力防止法の再授権法案に反対したことなどを挙げている。投票権を持つファンたちに「あなたの価値観に合った候補者に投票して!」と呼び掛けた。

1億人以上のフォロワーを抱えるテイラーの影響力は大きく、その発言にはトランプ大統領も反応するほど。記者がトランプ大統領を直撃したところ、「TMZ.com」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.