くらし情報『新海誠監督が語る自信と確信 最新作『天気の子』は「賛否分かれる要素も」』

2018年12月13日 18:46

新海誠監督が語る自信と確信 最新作『天気の子』は「賛否分かれる要素も」

Photo by cinemacafe.net

アニメーション監督の新海誠が12月13日(木)、都内で行われた最新作『天気の子』製作発表会見に出席。「いい映画になる確信がある」と自信を示す同時に、「前作が成功したおかげで、複雑さを盛り込める立場になれた。賛否分かれる要素もある」と語った。

■本作の着想は?…多忙を経験し「雲の平原でゆっくりしたい」

解禁されたティザーポスターに印象的に描かれているのが積乱雲、そしてその上に広がる“雲の平原”だ。「実は『君の名は。』のプロモーションがとても辛くて(笑)。ふと青空を見上げると積乱雲があって。その上にある雲の平原でゆっくりしたいなと思った」とビジュアル面でのヒントを語った新海監督は、「じゃあ、空の話にしようと。天気は自分も含めて、誰もが自分のテーマだと思ってもらえるはず」と本作の着想を明かした。

タイトルについては『天気予報の恋人』『天気予報の君』『天気の君』といった候補が挙がったといい、「飲んでいる席で、川村さんが『天気の子』じゃない?と言ってくれた」のだとか。当の川村プロデューサーは「あまりに大きな成功の後で、あえてチャレンジャーとしてどんな作品を作れるか。特に(天気という)テーマは世界中に受け入れられる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.