くらし情報『『善悪の屑』公開を中止…配給会社の日活が発表「残念」「しょうがない」様々な意見』

2019年2月8日 19:15

『善悪の屑』公開を中止…配給会社の日活が発表「残念」「しょうがない」様々な意見

Photo by cinemacafe.net

新井浩文の逮捕を受け、林遣都とのW主演作『善悪の屑』の公開が中止になることが、先ほど製作・配給元の日活が発表した。

本作は「ヤングキング」にて連載、高い人気を博している渡邊ダイスケの衝撃のクライムサスペンス「善悪の屑」「外道の歌」の実写映画化。『貞子VS伽椰子』『不能犯』の白石晃士が監督し、馬場ふみかがヒロインを務めることが発表、今年公開予定だった。

2月2日時点、日活は「捜査状況を確認しながら今後の対応を検討いたします」と、協議中としていたが、本日「関係各所と協議を行った結果、新井浩文氏が出演する映画『善悪の屑』の公開を中止することといたしました。本作を応援いただいております皆さま、また制作スタッフの皆さま、ご出演いただいた皆さまには、深くお詫び申し上げます」と公式ウェブサイトにて発表。この度、中止が決定した。

今回の公開中止発表を受け、Twitter上では「本当に残念でならない」「善悪の屑、公開中止かぁ…そりゃそうなるだろうけど、辛いなぁ…」「漫画好きだから、映画見たかったのに、本当残念でならない」「うえええええくやしいいいいいくやしいよおおおおお!!!」「こればかりはしょうがない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.