くらし情報『カンヌで途中退場も…賛否両論渦巻くトリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』公開』

2019年2月27日 18:00

カンヌで途中退場も…賛否両論渦巻くトリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』公開

Photo by cinemacafe.net

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ニンフォマニアック』のラース・フォン・トリアー監督最新作『The House That Jack Built』(原題)が、『ハウス・ジャック・ビルト』の邦題で6月14日(金)に日本公開決定。併せて、日本オリジナル版のポスタービジュアルが到着した。

自らのうつ病体験を投影させた『メランコリア』や、女性のセクシュアリティを大胆に描いた『ニンフォマニアック』などを手掛け、輝かしい受賞歴を誇る一方、あらゆるタブーに切り込みセンセーショナルな反響を巻き起こしてきたトリアー監督。問題発言によるカンヌ国際映画祭追放処分を受けてから7年、昨年の第71回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で待望のカムバックを果たした最新作が『ハウス・ジャック・ビルト』だ。

本作は、1970年代の米ワシントン州が舞台。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックは、あるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、“ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12年間の軌跡を描く。

カンヌ国際映画祭では、途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという、賛否両論を巻き起こした本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.