くらし情報『吉田羊「世にも奇妙な物語」初主演!「最後は、じーんと胸が熱く」』

2019年5月20日 14:00

吉田羊「世にも奇妙な物語」初主演!「最後は、じーんと胸が熱く」

と物語について触れた。

また、“タイムカプセル”がキーになっている本作。吉田さんは「小学生の頃、宝物を自宅の庭に埋めたことがあります。けれど、埋めた場所が分からなくなって宝物も失くしてしまいました。ほんとに宝物だったのか?(笑)」と語っているが、もし受け取るとしたら手紙を受け取ってみたいとのこと。さらに注目のシーンについて、「“たねあかし”のシーンはぞわわっとなります」と明かしている。

これまで、「HERO」シリーズや「コウノドリ」シリーズ、「中学聖日記」など数々のヒットドラマに出演。映画『ビリギャル』では主人公の母親役として第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞など多数の賞を受賞し、今後は三谷幸喜監督の『記憶にございません!』などの作品が控えている吉田さん。幅広い役柄を演じてきた吉田さんがみせる新たな母親像に、期待が高まる。

ストーリー

仕事ばかりで家族のことを顧みない夫(長谷川朝晴)との夫婦仲がうまくいかず、息子を連れて実家に帰っている遥子(吉田羊)。遥子は小学校の同窓会に参加し、そこで30年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こすことに。何を埋めたか全く覚えていないタイムカプセルを息子の尚之(高橋來)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.